自分の飲食店を経営したい、料理を出したいという夢を持っていた私。
友達から教えてもらった出会い系サイトで、パトロン募集を繰り返しました。
肉体関係を持たず、私の夢を応援してくれるリッチな男性との出会いを夢見ました。
Jメールで知り合った飲食店を何店舗も経営している男性と知り合い待ち合わせになりました。
直接顔を合わせて、私の夢を話させてもらうことができました。
「自分もそういう気持ちで、前進していたことがあるから、すごく理解できるよ」
こう言ってもらった時、すごく気持ちが楽になりました。
最初に食事に出かけてから、週に一度は待ち合わせをする関係になりました。
毎回3万円もいただけるし、私の話を真剣に聞いてもらうことができるため、一緒にいる時間が楽しいものになっていきました。
居抜き物件を使うことで、多少は開業費用を安くすることができることや、リサイクル用品の利用なども勧められました。

 

 関係が2カ月ぐらい続いた後でした。
「かなり真剣に考えているのがわかって、こちらも応援する気持ちになった」
と言い出したのです。
「店舗を開業するための資金を、何とか肩代わりして行こう。お店が軌道に乗るまでも、資金援助をしていきたいと思っている」
知り合った男性から、こんなすてきな言葉をかけてもらうことができました。
お金くれる男性になってくれ、お店をオープンの手伝いをしてくれると断言してくれたのです。
本当に涙が出るほど嬉しく、何度もお礼を言ってしまいました。

 

 友達から教えてもらったパトロンの作り方で、大金を出してくれる男性と知り合いました。
それからは、いろいろな形のお話や店舗オープンの話を聞かせてもらうことができ参考にもなりました。
料理の案なども出してくれるし、男性のお店で料理を作らせてもらって味見もしてもらいました。
順調にお店をオープンするための行動ができている状態です。
随分前から夢だった自分の飲食店、それに向けて一歩ずつ近づけているのがとても嬉しくて仕方がない状態です。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パパ募集サイトBEST5
パパ募集の成功者に教わったサイト